10 million bugs from my copy @nanoris

書き溜めの集積場

science

高校「生物」 暗記から考える科目へ 日本学術会議

www3.nhk.or.jp 生物は暗記科目ではない。と主張するが、テストを見れば一目瞭然であって、暗記科目である。少なくとも、暗記すれば高得点が得られる。どれだけ、例えば学習要綱を超える生物の仕組みや進化論などに詳しくなっても、用語を知らなければ高得点…

Microsoftの「AIの民主化」に込められた意味

www.itmedia.co.jp AI については技術的な側面と、シンギュラリティな側面があって、もちろん技術的な側面では開発速度を緩めることはない。医学倫理のために DNA技術の応用に足枷があるのとは異なる。 それゆえに医学倫理が必要なように AI にも倫理が必要…

堀江貴文氏の民間ロケット、打ち上げに失敗か - ライブドアニュース

news.livedoor.com 堀江貴文とは友達ではない。赤の他人だ。だから、いいやつな面もあれば、馬鹿だな、と思う面もある。ぜんぶマスコミやネットの情報に過ぎないけど。だけど宇宙は別だ。宇宙へ行こうとするなら、どんな嫌いな人でも応援する。いわんや、堀…

藤井聡太の強さ、アルファ碁と共通の仕組みか…AIがプロ棋士に勝つのは当たり前

biz-journal.jp 長い。長いから自分なりに纏めてみた。 AI と呼ぶものにも色んな技法がある。ルールデータベースを使っているものも AI と呼ばれるが、それは人間の決めたルールに従順なだけだから「自分で考える」と呼ぶのには違和感がある。どちらかといえ…

AIの未来はどこまで見通せる? 3人のプロが語り合った。

ddnavi.com AI を人間側によせる考え方が面白いとは思わない。その行き着く先は、よく教育された優等生を育てるのと何も変わらないだろうから。その程度の人材など人間で十分である。 人間は時代の限界を超えられないとか、人間であることからは抜けきれない…

被ばく:体内に総量36万ベクレルか 原子力機構事故

mainichi.jp 2011年の付け焼刃で勉強した身だから、実際のところ、詳しい事は知らない。それでも4シーベルト/h で一般的には死亡という話は聞いたことがある。 だから人体でシーベルトなんて単位が出てくる日が来ようとは夢にも思わなかった。それも福…

英実業家、自作アイアンマンスーツ「Daedalus」で最長12分の飛行(?)に成功。軍の採用を目指す

もちろん、まだ大富豪の遊具の域を出ていないのだけれど、開発者が手にしたこの最高のマシンを使いこなすには、激しいトレーニングが必要で、横懸垂ができるくらいまで筋力になるまで、ひたすらトレーニングの日々。 それによって、はじめてこのマシンを自由…

物議かもした「金魚の放流」、7月30日は実施へ 批判を踏まえ新たに対策も

動物虐待という意味で言うなら、金魚を養殖している時点で虐待ではないか。動物は自然で生きることがふさわしい。狭い浴槽の中だけで生まれ、死んでゆくの金魚に自然という自由はない。 それこそが虐待ではないか。ならば自然の川に放流することは、動物虐待…

地球からたった14光年! 最短距離の地球型惑星を発見

宇宙の広がりからすれば14という数字は小さい。宇宙の資産を140億円としての(宇宙の端っこが140億光年という意味ではない)、たったの14円という話だ。 しかし、人間が光速を『たった』と評するのはまだ早いように思われる。人類にはまだマッハ(…

自動運転は大統領と妊婦のどっちを轢くのか?――人工知能の知られざる“死角”

うーんんとAI(Artificial Intelligence)をなめているんじゃないかと思う。大統領と妊婦が近くにいて、速度を落としていないAIがあり得ると思うのか。という話。 安全に対する反応も判断も最終的には人間はAIに勝てなくなる。これは自明である。人間を基準に…

【編集日誌】「根絶」の重要性とは

多様性を種の数と定義するなら、ふたつの種は1+1で2と考えられる。そのうつの一つが混雑した場合、多様性としてみれば、0.5に減じたと考えることができる。故に、純血種はふたつの混在だから、純血種の半分が失われ、もうひとつの部分と重なり合うと…

「あかつき」金星軌道投入に成功!初の観測画像も公開 JAXA

これについて失敗に対するスタンスとして別の観点からの意見があった。 『日本の技術開発のサクセス物語は、明治維新から一貫して貧しさが際立つ。乏しい資源をいかに創意工夫で補い、一点突破で成果を上げるか、という物語。今回のあかつき、はやぶさ2、は…