10 million bugs from my copy @nanoris

書き溜めの集積場

『バケモノの子』細田守監督、プロの声優を使わない意外な理由

細田守の作品はなんどか見たことがある。面白くないわけではないが、特に心に残るものではなかった。その理由が分かった気がした。 「技術でお芝居をするのではなく、存在感、人間性などで表現してもらえる方」 お芝居とは技術でするものであって、技術でし…

高知容疑者逮捕で高島礼子「警官役」ドラマに影響も

どうでもいい話で恐縮だが、ドラマの関係者がどのあたりの通行人役の人かは知らないけれど、「夫が薬物で捕まっているのに警察官役は難しいのではないか」という日本語の意味が分からない。 この対して上手くもない女優が警察官の役など無理である、下手すぎ…

野中広務氏、自民復党を決定

長く政党政治が続いていると思っているけれど、実は日本の政党政治は、戦前のが破壊しつくされたので、戦後の歴史しかない。 戦後の多くの支持を得た自由民主党が長く与党であったのだが、思うに、政党というのは、最初に支持を得た人たちを決してないがしろ…

「あなたを採用したら当社にどんなメリットがありますか?」 配属先も未定なのに何を答えろというのか

ケネディに有名な演説がある。就任演説の一説である。アメリカという国は、あんなに暴力ありきでありながら、その国家観は演説の積み重ねである点が面白い。 「And so, my fellow Americans: ask not what your country can do for you—ask what you can do …

ユーモアか、暴走か 三島由紀夫賞・蓮實重彦氏の“チョー不機嫌”

文学賞はキャラの立っている人に与えよが、西村賢太 あたりで注目された。この人も記事を読む限りでは、昔からそういう意識の人であったらしく、 文壇の偏屈爺いを演じているだけではないか。 ちょうど、ピースの又吉直樹が文豪気取りなのと同じである。もち…

邦画のこと

くっだらねぇ、夢落ち以外ありえないような映画。 そもそも、人物の造形が浅いから、ある日急に暴力沙汰に走るとが成立するのかな? 突然って何だよ、未知の暴力を引き起こす病気にでもなったか、精神がやんでいたか? もともとそういう暴力的な人間なら、も…

プログラミングの小学校必修化検討で議論勃発

日本の教育の原点は兵隊さんを作る事にある。これはよく言われる一般論である。そのお陰で日本では優秀な兵隊がたくさん生まれたが、残念ながら優秀な将校は皆無であった。それが先の戦争の結論であろう。 無能な将校にしては、日本はよく戦った。ひとえに兵…

正義VS正義の戦いを描く『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』正しいのはどちら?

対立に正義と悪という構造は聖書の昔からある。仏教でもそうであって、悪魔の誘惑というのが一つの主題をなしている。 この悪の誘惑というものは、もっと昔からあったのであろう、いろいろな神話で誘惑の前に負けてしまうというのは多い。イザナギノミコトの…

中曽根元首相、「自主憲法」制定訴え

くだらない人間である。もちろん、この世界は言論の自由があるから、どのような意見を持とうが構わない。それをどう表明しようが自由である。 しかし憲法という国の根幹に関して、98歳、現生に留まれる時間もあと20年しかない人間が、憲法の改正ではなく…

茂木健一郎「国会前で『FM東京』を歌った理由」

茂木健一郎ごときに感動するような知性は劣悪なのであって、そうはなるまいとずっと思って生きてきた。 しかし、彼の文章は、習字のお手本になるくらいには、いいものである。仮に、中身は空っぽでも構わないじゃないか。 この人の文章の魅力は、茂木健一郎…

「死刑は人権侵害以外の何ものでもない」 世界140カ国で廃止、取り残される日本の課題

この人は死刑は廃止だという。では事件が発生して現場で射殺したのは死刑ではないからいいというのだろうか。死刑とは決められた手続きの上での量刑であって、賛否はあるし、当然冤罪という問題が打ち消せない。それでも法をいつ出すしているわけではないし…

X2がついに初飛行! 日本の国産戦闘機開発に警戒する中国

他国の軍事的脅威を訴える時、その理由を推測すれば、それは予算の獲得しかない。少なくとも訴える側の本音はそこにあるのであって、それを聞いた側が恐怖を感じようが、敵対心を煽ろうが実は関係ないのである。 つまり、ステルス性に関していえば、米軍が最…

結局のところ、日本の「武士道」とはなんなのか=中国メディア

その内容が思ったよりも充実していた。武士の発生から、その変遷を、歴史の流れの中で押さえていて、驚愕した。 日本人である我々は武士道を知っている、または分かっていると思っている。当然だが、武人というのは飛鳥時代よりも前から居たし、天皇中心の政…

広瀬すず「平均年齢が若い。若いってすごいな」

なぜか、予言してしまうのだが、彼女は二十歳を超えたあたりできっと、強いパッシングを受けるだろうと思われる。それは、今の若い彼女の自信に満ちた立ち振る舞いに原因がある。彼女を見ていて、何故かイライラするのだ。 何にイライラするのだろう。それは…

波紋広がる…校長「義務と言ったのではない」 吉村市長「優劣つけるものでない」 麗澤大・八木教授「言葉狩りになると建設的な議論ができなくなる」

この話を聞いて、まっさきに思い出したのが、柳澤伯夫の「産む機械」発言だ。機械といえば、普通は機械の体であって、人々の垂涎の的なのだが、この世界では違うようだ。機械の体をもらえるのは喜ばしいが、生身を機械と扱われることは受けがたい。 そうかと…

CGで裸の女児、児童ポルノか芸術か 裁判で争点に

なぜ芸術か犯罪かという区分けになるのだろうか。 例えば、どっかから浮浪者を拉致してきて、折に入れて、これが芸術です、とやってもいいわけである。人間の虚偽性だの、悲哀を表現する手段として、現代芸術なら別にありである。 中には、それらに対して、…

山本美月、デコ出しツインテール×セーラー服姿公開「ごめんなさい」

山本美月と言えば、もう shimeji の CM が可愛すぎて、これがもう最高傑作だろうと思う。 もちろん、彼女はいうほど美人ではない。どちらかと言えば可愛いだから、あと数年でアドバンテージを失ってしまう。 所が、俳優としては根が大根なので、どれだけかわ…

長期低迷 どうしたフジテレビ

攻めから守りに転じた時によく負けるのは世の常だろう。囲碁でも、タイトル戦にも係らず、守りから温い手を打って逆転など枚挙に暇がない。 それがポットでの新人というのなら良い経験だったねで済むが、タイトルを何度も獲得して、絶頂期にあるような棋士で…

東京新聞「高嶋ちさ子さんの子育て日記」 子供の携帯ゲーム機をバキバキに壊して大炎上

もうあるのかな、まだないのかな。 何かについてそれなりの感想を持つのはよい。また、そこに感情的な憤りを感じるのもいい。それはおそらく人間にとって、とても自然な反応なのだ。錯覚の科学で講義されていたが、人間とは進化の過程で情報処理の高速化を実…

「刑軽すぎる。遼太の命軽く扱われている」

法が変わるのは一番最後というのがふつうだろう。よって少年法の改定、重犯罪については、未成年でも死刑にするという流れは、まず、世論の後押しによって、司法が決断しなければならない。 しかし司法の独立は極めて強く保障されているので、バカであれ、ク…

矢口真里「世の中の女性はけっこう浮気している」

これ、関西ローカルやから、矢口も言えるんやと思う。もし、東京で同じような発現したら、あっという間に全国に飛び火してとてもじゃないけど、冗談では済まんくなるのは請け合いや。 つまり、関西にはこれくらいでも冗談で済ます文化の強さみたいなんがある…

失われる「安かろう悪かろう」「安物買いの銭失い」の精神

呉智英の面白さは、特異な視点にあると思う。だけれども、特異なだけでは不十分であって、その切り口をユニークなユーモアで表現することだろう。ユーモア8割、主張2割くらいな所にあった。 あった、と思うのは、学問にまじめになりだしたころから、フザケ…

文春はベッキー追撃の手緩めず、合い言葉「レッツ・ポジティブ」暴露。

言論の自由は当然ながら権力に対する市民の権利である。よって、権力のある側がそれを犯してはならないのであって、それを逆に言うなら、権力はその権利を十分の踏みにじることが可能である。 技術の発展によって、市民革命などというものがすでに不可能にな…

世間の"ツイッター離れ"で幹部が次々と退職! でも創設前夜からCEOが嘔吐するほどの内紛、クーデターの連続だった!

どーも、机の横のごみ箱に向かって吐いていたという一文以外はとくにどーってことない話の気がする。だいいち、吐くなら普通はトイレへ駆け込む。突然吐き気に襲われて(それまでムカムカしているわけでもなく)、トイレに駆け込む暇もないほどで吐いたなら…

地球からたった14光年! 最短距離の地球型惑星を発見

宇宙の広がりからすれば14という数字は小さい。宇宙の資産を140億円としての(宇宙の端っこが140億光年という意味ではない)、たったの14円という話だ。 しかし、人間が光速を『たった』と評するのはまだ早いように思われる。人類にはまだマッハ(…

自動運転は大統領と妊婦のどっちを轢くのか?――人工知能の知られざる“死角”

うーんんとAI(Artificial Intelligence)をなめているんじゃないかと思う。大統領と妊婦が近くにいて、速度を落としていないAIがあり得ると思うのか。という話。 安全に対する反応も判断も最終的には人間はAIに勝てなくなる。これは自明である。人間を基準に…

【編集日誌】「根絶」の重要性とは

多様性を種の数と定義するなら、ふたつの種は1+1で2と考えられる。そのうつの一つが混雑した場合、多様性としてみれば、0.5に減じたと考えることができる。故に、純血種はふたつの混在だから、純血種の半分が失われ、もうひとつの部分と重なり合うと…

仏地方選は極右が一転全敗、右派野党優勢・社会党は退潮鮮明

フランスはヨーロッパ史においても、ユニークな存在であって、ベルサイユのばらを生み出した業績だけでも人類史における存在価値は不滅永劫のものである。 フランス革命という人類の歴史における最大の事件を生み出して国であるが、もちろん、彼らの情熱はロ…

元同級生暴行致死 苦痛を録画

傷害致死罪は、刑法第205条。 「身体を傷害し、よって人を死亡させた者は、3年以上の有期懲役に処する。」 とある。法は3年以上は規定するが、では上限はとないようだ。 ということは何年ぶち込むかは、過去の判例や実際の運用に従うということである。 逆…

「あかつき」金星軌道投入に成功!初の観測画像も公開 JAXA

これについて失敗に対するスタンスとして別の観点からの意見があった。 『日本の技術開発のサクセス物語は、明治維新から一貫して貧しさが際立つ。乏しい資源をいかに創意工夫で補い、一点突破で成果を上げるか、という物語。今回のあかつき、はやぶさ2、は…

日本は移民政策が必要、労働力確保で中国に負ける可能性=河野担当相

河野太郎という人は、人はいいんだけど、無能の代表のような所があって、その言動には何も注目すべきところはない。 ここで彼は移民という言葉を使っているが、これ200年前ならば、何の迷いもなく、「奴隷」と呼ぶべきものであって、彼が民を欲しているの…

声優と女優……唯一無二のポジション確立した戸田恵子

サル顔でイモ俳優の小栗旬くんは、止め絵ならば抜群の存在感を示すのだが、もう動いたら問題外の大根で、この演技に耐えられるならば、どんな邦画でも面白く見られるだろう。 動いた演技は腐っている小栗くんだけれど、それでも映画の主演を張れるのは、彼の…

テロへの手紙FBにつづった遺族が語る 世界から共感

《君たちに憎しみという贈り物はあげない。君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈することになる》 憎しみの連鎖を断ち切るのは、人間の愚かさを指摘するものだが、この人の決意もまた凄まじい。当然の憎しみを、あなたたちと同じよう…