10 million bugs from my copy @nanoris

書き溜めの集積場

日本は移民政策が必要、労働力確保で中国に負ける可能性=河野担当相

河野太郎という人は、人はいいんだけど、無能の代表のような所があって、その言動には何も注目すべきところはない。

ここで彼は移民という言葉を使っているが、これ200年前ならば、何の迷いもなく、「奴隷」と呼ぶべきものであって、彼が民を欲しているのではないことは明白である。

人が減る。国力が足りない。だから奴隷を欲する。これが現在の移民の流れであって、そうなると、移民した人々が二等国民扱いされるのは間違いなく、どこの戦前の朝鮮半島の人々だよ、という話になる。

結局、戦前回帰を目指している人たちの思想の根底には、敗れ去ったもの、それはないんじゃないか、というようなものが流れていて、誘蛾灯に吸い寄せられる回帰しようとしている。

これが心性の底に潜む劣等感であったり、将来への不安だったりするところから始まっているとしたら、更にたちが悪い。不安と向き合って解決するのではなく、それは不安から遠ざかるように解決しようとしているからだ。

特に21世紀は恐ろしくコンピュータが発展する。ドローンの件でもそうだが、機械が人間の雇用と奪う恐れさえ現実になろうとしているときに、なぜ移民が必要なのか。

もちろん、サイド7への宇宙移民であるならば、別考の余地はある。

例えば、移民ではなく、海外労働者の流入というのであれば、これは別の考えとしてありうる。足りない労働者を日本国外から招きましょう、というのは、別に今に始まったことではない。

遠く、多くの人々が飛鳥の地を訪れた。朝鮮半島や中国大陸からきて、そのまま日本に住んだ人はいくらでもいる。

豊臣の進軍により、無理やり連れてこられた朝鮮半島の人々もいる。それは明治以降の併合でもそうだろう。

だけではなく、労働市場を求めてアメリカ、ハワイやブラジルに渡った人々も多い。これらは移民として行ったのであるが、もちろん、その地では差別や偏見とも戦わなければならなかった。1世紀前の話である。

太古、何万年も前から、もちろん、人は流動していた。ヨーロッパの地にたどり着く前に、アフリカを出た人々はアジアの地まで来ていたようである。アメリカの地にもわたったそうである。人間の流入は避けられない。

割合、この数百年の間は、人間の頻繁な行き来がこの国では起きなかった。それは狭くとも山岳系の険しい地形と四方を海に囲まれたという地理的条件による。

日本において、それゆえに、海外からの人々の流入は長く少なかったが、逆にそれが国内におけるいわば他民族的な形成を生じた。それが徳川時代の、藩という存在だろう。

当時の藩ごとの違いや文化というものは今では県民性として残っているが、これは他民族とほとんど同じ違いを形成している。しかし、他民族よりも緩やかであるから、それを理由に対立することも少ない。

とすると国境の概念が厳密になるにつれ、移民という考えも強くなってきたように思われる。これは近代国家の成立と無関係なはずはなく、結局、線を引けば、そこに違いが生まれる。違いが生じれば、そこに差が見出される。差は当然ながら順位化される、順位化こそが差別の温床であろう。

つまり、移民政策の最大の懸案事項は差別の発生であり、差別は対立を生じる。これから逃れられる者などひとりとしていない。この国では永住許可者の問題でさえ解決できないでいる。

そのような所に新しく火種を入れる理由が、余りにも短絡的である。つまり奴隷だと思っているから、考えが足りなくても構わないというのが、考えの基盤としてあることが明白なのである。

だいたい多民族化への移行は、行革程度の大臣の手に負えるような問題ではないのである。だいいち、中国で介護労働者が深刻な問題になるなら、そこにどれほどのビジネスチャンスがあるか。それに向かってロボットの開発、人間的な最期の迎え方の研究など、いくらでもやるべきことがある。

この程度の大臣を抱えて日本はおさき真っ暗という事こそが問題の本質である。

広告を非表示にする