10 million bugs from my attempt @nanoris

書き溜めの集積場

日韓の貿易における対立が「軍事面の摩擦」へと発展する可能性=中国メディア

news.nicovideo.jp

 

韓国海軍によるレーダー照射問題の肝は、現場による勝手な判断と実施であるか、政府からの指示(類推する状況で行う事を許可、推奨する指示)があったかになると思う。ここで政権と軍部の対立という視点も必要になるが、同様の観点が必要なのは、戦前の日本も同様であった。

 

制度的に内閣が軍部を制御しえない状況は、現在のイランの体制とよく類似している。制度的に分離された独立した機関は、それぞれの正当性から、対立や協調を繰り返すが、時に、暴走を抑止できない。

 

多くの国では、そのような状況では、例えば、戦争直前のソビエト連邦などでは、粛清による粛清で乗り切る。有能な人材まで粛清するため、戦争当初は非常に苦戦したが、政権がひっくり返るよりはましである、恐らくこれはスターリンの強固な信念と疑念であった。

 

戦前の日本が、外交と軍事の両輪で41年12月を迎えたのは有名な話であるが、軍部は最終的には戦争に打って出る方向で決まっていた。では、戦争によって、どのように問題が解決できると考えていたのか。その見通しは全くなかったはずで、当時の日本は興味不快。

 

アメリカと戦争をする、二年までなら戦えるというのは実際には甘い見通しであったが、最終的には4年も続けた事に驚嘆する。単に戦争の終わらせ方を知らなかったと見るべき話である。というのも、日本は戦争終結の外交手段を持つ、持たない以前に、戦争を終わらせるためには、まず国内の軍事クーデータを抑え込む必要があった。

 

これが困難を極めたため、だらだらと続けるしかなかったわけである。粛清もなしに、危ない橋を渡り切ったと言う点で、鈴木貫太郎内閣の物語は素晴らしいのであるが、スターリンなどが聞けば、さっさと1000人くらいを殺してしまうのが手っ取り早い、と煙草の煙を吹きながら言うだろう。

 

いずれにしろ、仮に当時の日本がアメリカとの戦争に勝つ、講和できたとしても、中国問題が何一つ動くはずがない。アメリカがそれで禁輸政策を転換するはずもない。

 

戦争によって講和の条件として禁輸を解いてもらう、中国への戦線を認めてもらう、という考えであったなら、どういう状況ならアメリカはその講和に乗ってくるかという点で、細かく詰められていなければならない。

 

太平洋の、しかも東南アジア近辺での戦闘に勝ったくらいで、アメリカが講和にのってくるなどありえない。もしありうるなら、ヨーロッパ戦線が忙しくなって、太平洋での戦争を一時中断したい場合のみだ。

 

だからドイツと同盟したのだと言うかも知れないが、ヨーロッパで最終的にドイツが勝利すると読み切った人は少なかった。もちろん、もしソビエト連邦が敗れていたらどうか?モスクワが陥落したらどうだったのか。スターリン達は当然、首都を移して戦いを継続したであろう。

 

その場合に戦争は長引くのであるが、アメリカ大陸にある重工業の生産数をもっと増やせこそすれ、減産する理由がない。あらゆる資源を世界中から集めてでも、ドイツを叩くであろう。

 

もしブリテン島が支配されていたらどうか。その時点でヨーロッパはドイツのものになるだろう。だから戦争は中断する事になるかも知れない。地理的な橋頭保もなしにヨーロッパで戦い抜くのは、流石のアメリカでも大変である。

 

とすれば、ドイツと講和してとりあえず日本を叩く。その間に、戦術を練り直すというシナリオになる。よって、バトル・オブ・ブリテンの結果如何で決まるのだが、それが終わったのが1941/05である。アメリカがドイツと講和する理由が見つからない。

 

数か月で終わると言われた中国戦線が数年も続き、資源の不安から、北部仏印進駐(1940)する。更にインドネシアなど東南アジアに進出する南部仏印進駐(1941)によって、アメリカとの対立は決定的になった。戦線を拡大するだけで止まる気がない、と認識されたからである。

 

実際に日本は政治的に戦線を縮小する方法を持たなかった。そして拡大する事で発生する圧力に対しては、ろくな外交交渉を持たなかった。国際連盟も脱退(1933)している。戦争しか手段をもたず、かつ勝利しか手段を持たず、かつ、勝利して講和条件にするという形でしか、国家間の摩擦を解決する手段を持たなかった。

 

つまり、相手の出方に全てを依存する方法しか持たなかった。もし相手が拒否したらどうするのか、という簡単な話さえ議論した形跡がない。

 

戦争は両方が望まなくても起きる場合がある。しない場合のリスクと、始める時のリスクを比べた場合、先手必勝であるならば必ず先に始める。もし先に始める事で何等かの戦略上の優位性が見出されるならば、それは魅力的であろう。その誘惑に打ち勝つのは難しい。

 

日韓貿易摩擦が軍事衝突に発展する可能性はあるだろう。だが、そこに目的はない。ただ偶発的に始まって、どちらも引き下がれなくなる可能性だけがある。ただ、東アジアはアメリカが強い影響力を持つので、戦争が拡大するとすれば、どちらかのバックに中国が付いた場合だけであろう。すると、アメリカと中国の代理戦争のような形を取る可能性はある。

 

所が、日本が戦争状態になると、恐らく世界経済は潤う。国債を通常では考えられぬほど発行し、海外から必要な物資を輸入するであろうから。日本海は、日本によって閉鎖されるであろうから、韓国が頼りにできる輸入経路は大陸側にしかない。

 

よって、北朝鮮を陸路で通れるかどうかが重要になるが、ダメなら中国、ロシアから海路に頼るしかないはずで、それはとても厳しい状況だろう。

 

過去の戦争では兵器の射程がたかが数十kmであったが、現在は数千kmである。輸入をできなくするには港湾施設巡航ミサイルで破壊すれば十分のはずだ。荷役を人の手でやるなどありえない。海上輸送の革命はコンテナによって行われた。つまり、クレーンを破壊すれば、荷下ろしひとつできないはずである。

 

と考えると、偶発的な戦闘は起きえても、戦争の継続は難しいのではないか。また、韓国において、大統領の任期終了間際に日本叩きが起きるのは仕方のない風習みたいなものなので、その問題とどう取り組むかは両国にとって重要な話だろう。

 

偶発的とはいえ、軍艦が沈められる程度ならまだしも、誰かが死亡するような戦闘になったら、簡単には引き下がれない。問題の本質が、外交から感情に変わるからだ。

 

韓国もまさか日本が正面から買ってくるとは思わなかったと思うが、買われたら引けなくなるという点では互いに児戯である。当然ながら、この両者は、ケンカの引き際を研究しつくているわけではない。互いに満足できる妥結点は、感情的に難しそうである。それも金で買えばいい、という考えが好きだ。感情よりも金の方が余程重要である。もちろん、これはプライドの問題である。