10 million bugs from my copy @nanoris

書き溜めの集積場

日本文学振興会の広告「人生に、文学を。」が「アニメを馬鹿にしているのでは」と物議

日本文学なんて、人間失格程度につまずくような知性に文学賞あげちゃう程度で、あれで人生なんて言葉を語っちゃいけないと思う。

日本文学のほとんどすべてが性欲と気位だけで成り立っているようなもので、ほとんど意味などない。

正しくは、

読書に、文学を。

文学を知らなければ、
女(男、同性含む)とやるときの虚栄心が身に付かないじゃないか。
文学を知らなければ、
どうやって性欲まみれのロマンチックを想像するのだ(エロ本か?)

ま、これくらいが穏当で妥当である。

そもそも、日本文学の広告ごときで人生など語って欲しくないのである。

もちろん、広告で人生を語るのはぜんぜん構わない。実際に、素晴らしい作品はごまんとあるのだし。だが、こんな下らない想像力で語るもんではないだろう。

誤解を恐れずに言えば、文学とはいまやアニメと漫画と映画の寄生虫である(もちろん、誤解とは寄生虫を悪いものの例えに使う事である)。それらに取り上げてもらわなければ、まったく存在価値がないではないか。

70も超えた老作家でさえ、テレビの前で斜に構えた問答をしなければ注目されないのである。あれが悲しみでなくて、なにがちっぽけな悲しみだ。

どう見ても、日本文学などというものは、既に死んだのである。死んでしまったものを後生大事に抱えて、なんとかしようとするのは、子供を失った親の悲しみのようでもあるが、そんなバカな話ではない。

彼らの中には、うすっぺらい民主主義と、凛とした緊張感のある文体で描く、独特の(袋小路に入り込んだとも呼ぶ)リズムと、下らない日常の描写である。そのほとんどが性欲ときたものであって、僕はこれを源氏物語の怨念と呼んでいる。

そもそも論でいえば、エロ本の原作にしかなりそうにない源氏物語を、後生も大事にこの国は読み続けてきたのである。世界初の長編小説であるとか言われて、外国生まれの研究者までが、日本語を学び、翻訳をしちゃったりするのである。

もしかしたら、源氏物語を原文で読んでいる人の数は日本人よりも、ほかの国の人の方が多いかもしれないよ。

しかも内容が、もう現代の基準ならば、犯罪か不倫のオンパレード、東京都も真っ青の出版規制である。女ならなんでもよくて、ついには幽霊ともしちゃったという話じゃないか。

ところがこの作品に、もののあわれとか見出す学者まで出てくる始末。どうしちゃったんだ。そりゃ春画が大発展するはずである。

残念ながら、この作品の面白さというのをきちんと説明するものがどこにもない。日本の中にでさえである。

光源氏など幼少のころの、母親の面影を追い掛けていただけのマザコンとしか思えないが、そっからの遍歴はすごいものである。平安版母を訪ねて3000里みたいな話である。

所がこれがたいそう面白かったのだそうだ。当時の人々を魅了しまくったのである。つまりは、こりゃただのエロ本なんかではなかったのである。そもそも、エロ本でない証拠は、そういう所はさらっと流しているからである。

そこが谷崎潤一郎のエロ本とは全く違うわけである。谷崎なんざ細雪と陰影礼賛だけ読んでりゃ十分である。さすがに戦争中のひもじさの中で書かれただけの事はある。


「決して、アニメを侮蔑するためにこの一文を入れたわけではないということをいま一所懸命説明しています」

この一文だけでも文学というものが、既に地に落ちたナマケモノ同然であろう。麦ならまだ可能性があるんだが、もちろんナマケモノだって、トレイが終わればまた木に登る。

アニメをなぜここで使ったか。それがきちんと分析的に、合理的に、心理的に、精神的に、説明できないのなら、焚書にされても文句は言えまい。

必要なら説明してあげようか?

もちろん、嫉妬なんだ。文学は、アニメが何か若者に支持されているだけではなく、なにやら人生観みたいなものにまで影響を与えていることに嫉妬しているのだ。もちろん、このアニメには漫画も含まれる。下手したらライトノベルさえもだ。

そして嫉妬以外の何もない、という所がもう致命的なまでに絶望的なのだ。文学とは、この程度のところをうろうろするしかないのか、という話だからだ。

嫉妬なら嫉妬で描きようがあるというものだ。隠そうとして隠しきれるものではない。しかし、そこでぐっと超えてみせるから、表現というものの価値があるわけではないか。こんな嫉妬丸出しの小学生みたいな言葉で文学と語るなぞ、15年は早いわ。

文学はね。もうジュクジュクに腐ってたってわけです。そう、ジュクジュクと言えば葵みのりです。

広告を非表示にする