10 million bugs from my attempt @nanoris

書き溜めの集積場

『HUNTER×HUNTER』次週から休載 作者「年内にもう1回復活します」

nlab.itmedia.co.jp

 

日清食品様に復活賞として、どん兵衛いただいたので年内にもう1回復活します」

 

次週から休載という一文に違和感がある。例えば、日食が起きた後に、数分後から太陽が輝きます、と言われたらなんか違うと思う。アマテラスは隠れている方が異常なのであって、岩戸は開いているのが通常である。

 

同様に休載しているのが日常なのだから、今までが異常状態と理解しなくちゃダメだ。この二か月間がハレなのであって、一種の天変地異が起きていたのである。やっといつもの日常のジャンプ、 ケに戻るのである。幸い Dr Stone など面白い漫画は他にもあるので困らない。

 

今回は年末に再開するという予言の書がある。アインシュタインの1919年5月29日の日食と同じくらいの予言である。この予言が成就するとき、この世界で何かが起きる。今までの感じから言って、言葉通りに再開するはずがないからである。

 

ただ、今回の終わり方はとても続きがある流れなので、ストーリー的にはこの先はできている可能性が高い。よって話が途切れる理由がない。漫画的には構想を練るなどの停滞する理由は見つからない。

 

もちろん、練りに練っているので、ここでもうひとつ何かを追加しようとか考え始めると休載の長期化もあるかと思うが、何かあっと驚く機構が登場するんなら休載もやむなしである。

 

いずれにしろ、ここまではプロローグ。やっと王子同士の念の争いが始動し始めてどんな展開を見せるか楽しみな状況になってきた。役者は揃った状態である。

 

もちろん、今の王様は誰かに食われて死んじゃうんじゃないかと思うし、でもその前に今の王様も何人かの王子(の念)は食って取り込んじゃうんじゃないかと思ったりする。

 

で、どんな結末になっても、最悪になりそうでもあるし、それが島に着いた瞬間に全部消し飛ぶような新しい展開が始まるんじゃなかろうか、と頑張って出来るだけ斜め上の発想を試みるが、どうせ富樫の掌である。